重要な行事 通夜や葬儀で心がけること

葬儀や通夜の席で真っ先に目に入るのが祭壇です。見ているようで見ていない祭壇だが、状況に合わせて早めに決めよう。

重要な行事 通夜や葬儀で心がけること

葬儀と通夜の前に祭壇のことは冷静に決断。

通夜では、真っ先に「どうするか」を決めなくてはいけないのが葬儀の段取りより前に祭壇のことです。葬儀のことと通夜に関することで、全体にかかる必要経費の割合を左右するのが祭壇だからです。一般には、葬儀屋さん側にすれば、祭壇は使いまわしが効くものですから、客がどれを選んでも、ほとんどが利益となるものです。さらには、客からすれば、訪れる方に対して通夜と葬儀にどれほどのお金をかけたのかと目立つ部分も祭壇です。

祭壇の料金的なランクとしては、単に高いものを選ぶことが見栄であるとは限らず、シンプルに故人に対する礼を尽くすという意味もあります。けれども、聞いた話によると最近は、かなりの立場にある方でも、いったんは密葬や家族葬をおこない、祭壇もそれほど大掛かりなものにしない場合もあるそうです。とかく通夜を目前とした場面では、感傷的になっていることもあり、冷静に見積価格のことをあからさまに話すことに躊躇する場合があるようです。

けれども、時代が変わり、通夜の段取りや葬儀の方法も多様化しているので、必ずしも世間一般のように祭壇にお金をかけるという方法にこだわらずとも良いという考えもあります。ただし、葬儀というのは想像以上にデリケートです。というのも、喪主の考えがあっても、古来の方法をとらないと、意見する人などがあるからです。結局は、余計な事になるのを避けるために、ごく当たり前に祭壇を用意することになるもののようです。
Copyright (C)2019重要な行事 通夜や葬儀で心がけること.All rights reserved.