重要な行事 通夜や葬儀で心がけること

最近の葬儀では、通夜の時の参列者が中心となっていますが、どれくらいの返礼品数を準備すればよいのですか。

重要な行事 通夜や葬儀で心がけること

葬儀の時の通夜参列者は何人ぐらいですか

最近の葬儀の傾向として、お通夜の時に参列に向かうということが中心になっていませんか。先日は、葬儀告別式の当日が休日でしたので参列したのですが、参列者はごく少なかったことを覚えています。一昔前のことですが、通夜には親族のみが参列するというのが私の住んでいる場所での習わしでしたが、最近は仕事の関係とかもあり、通夜の参列者が増えているように思えてなりません。そんな時、私の住んでいる地域では、当日に香典返しとして品物を返すことが標準ですが、どれくらい準備していいものか悩んでしまうという話をよく聞きます。最近ですと、その辺のことは葬儀社の方が一緒に考えてもらえるみたいですが、どのくらいの金額の品物をどのくらいの数を準備していいものか悩むということをよく耳にします。

通夜での参列者が中心である場合は、翌日の返礼品の数を気にしなくてもよいのでは、ということも考えられますが、あまりにも余ってしまう場合などは困ってしまいますよね。ましてや、返礼品だけでなく、お通夜振る舞いと言って飲食の準備などをする場合は困ってしまいます。葬儀社の方も、そこのところを考慮してくれて、様々な相談にのってもらえるのも頼もしいことですよね。葬儀なんて馴染みのないことを事細かに教えてもらえることも葬儀社のみなさんのおかげではないでしょうか。ひとりの家族が亡くなって悲しみに明け暮れている時に、あれもこれも決めなくてはならないのですからね。平常心でも、短い時間の中で決めるということはむずかしいことです。わからないことがあれば、何でも相談できる専門家の存在には助かることばかりです。
Copyright (C)2019重要な行事 通夜や葬儀で心がけること.All rights reserved.