重要な行事 通夜や葬儀で心がけること

通夜や葬儀の際の特に服装についてのマナーや気をつけなければいけないことを整理して書きました。

重要な行事 通夜や葬儀で心がけること

通夜、葬儀の服装について

葬儀や通夜のマナーは、社会人であれば知っていきたいマナーの一つです。社会人であれば、身内や親戚等身近な人だけでなく、職場関係で参列することがあるかもしれないからです。マナー本も色々出版されています。マナー本には基本的な情報は書いてありますが、ここで、服装についてお話します。

通夜の場合、遺族は黒の礼服を着用します。男性は黒ネクタイ、黒靴下、白のワイシャツを着用します。女性は薄化粧にし、結婚指輪以外のアクセサリーは極力控えます。1連の真珠かイヤリング程度なら身につけても良いとされています。しかし両方つけるのは好ましくないので、注意が必要です。喪主にあたる男性がモーニングを着用している場合がありますが、本来はモーニングは夜着用しません。女性が和装をする場合には、黒の喪服または、縞か無地の着物で黒の帯、小物も黒に統一します。次に参列者の服装ですが、通夜の場合は、訃報を聞いてとり急ぎ駆けるというケースもありますので平服でも大丈夫です。それは、仕事先からあわてて駆けつけてきたというのに、喪服を着ているのはかえって不自然と受け取られることもあるかもしれないからです。仕事先から駆けつける場合には、遺族や他の参列者に不快感を与えないために、できるだけ地味な身なりになるようにしたいものです。あらかじめ通夜や葬儀へ参列することがわかっているのであれば、喪服もしくはそれにかわる服装で参列するようにしてください。
Copyright (C)2019重要な行事 通夜や葬儀で心がけること.All rights reserved.